トップ > ファイナンス事業 > 取扱事例 > 販売用不動産購入資金

販売用不動産購入資金

販売用不動産の仕入に対応したベーシックなファイナンスモデルです。

取扱事例

1 中古マンションの下取り販売を計画
  • ファミリー向け中古マンションを買い取る(買取資金を融資、担保設定)
  • 水まわりをリフォーム、一部間取りを変更しバリューアップを図る
  • 販売活動を行い購入者が決定、販売代金から借入金を精算
2 土地を仕入れ、建築条件付宅地として販売する計画
  • 懇意の地主より畑(宅地転用可能)の売却依頼を受ける
  • 自社所有の収益アパートを担保に買取資金を調達し、地主より土地を購入
  • 地目を変更し、住宅建築用地として2区画に分筆
  • 関連建築会社での建築契約を条件とし、周辺事案より低価格で販売
  • 購入者が決定、土地売却代金から借入金を精算
3 高級住宅の下取り販売を計画
  • 富裕層向けの高級住宅を売主より購入(購入資金を融資、物件に担保設定)
  • ハウスクリーニングと一部修繕を行い販売活動
  • 他物件の販売収益より、借入金を一部繰上げ返済
  • 市場動向を注視しつつ、販売価格を微調整
  • 購入者が決定、物件の売却代金から借入金を精算

ページの上部へ