トップ > ファイナンス事業 > 取扱事例 > 競売物件購入資金

競売物件購入資金

競売物件購入時の入札・落札資金及びリフォーム費用等トータルサポートいたします。 裁判所により代金納付の事前手続に一定の時間が必要な場合があります。

取扱事例

1 競売物件の中から、販売用商品物件の仕入れを計画
  • 競売公告されていたファミリー向け中古マンションに入札(保証金は自己資金で納付)
  • 売却許可が決定したので、残代金を納付(納付資金を融資、落札物件に担保設定)
  • 占有者は居なく、内部の清掃と軽微なリフォームを実施しバリューアップを図る
  • オープンハウスを行い、購入希望者を募集
  • 購入者が決定し、販売代金から借入金を精算
2 古屋付き土地を取得し建物解体後、自社による戸建分譲販売を計画
  • 競売公告されていた戸建物件に入札(保証金は自己資金で納付)
  • 売却許可が決定したので、残代金を納付(納付資金を融資、落札物件に担保設定)
  • 古屋を解体し土地を3区画に分筆、建築確認を取得し建築開始
  • 上棟時点で、解体費用&建築資材費用支払い(建築資金を追加融資)
  • 建築工事を進めるとともに、販売活動も同時進行で実施
  • 完成前に1棟の販売が決定、完成後販売代金から借入金を一部返済
  • オープンハウスを行い2棟目の販売が決定、販売代金から借入金を精算

ページの上部へ