トップ > ファイナンス事業 > 取扱事例 > 分譲マンションリセール事業資金

分譲マンションリセール事業資金

完成済みマンションのバルクセールに対応したファイナンスモデルです。

取扱事例

1 分譲マンションをバルク購入し、新価格での販売を計画
  • マンションデベロッパーより、残戸のバルク購入を打診される
  • 残戸を当初販売価格の50%で購入(融資実行、担保設定)
  • 新価格を当初販売価格の30%offとして販売
  • 販売の都度、販売代金より事前に取り決めた金額を返済
  • 購入戸数の半分を販売した時点で、借入金の返済完了
2 破たんしたマンションデベロッパーの在庫物件を購入し再販売を計画
  • 販売していたMSデベロッパーが破たん、管財人による在庫処分を打診される
  • 残戸を当初パンフレット価格の45%で購入(融資実行、担保設定)
  • 新価格で販売を開始
  • 販売の都度、再販価格の90%を借入金の返済に充てる
  • 購入戸数の7割を販売した時点で、借入金の返済終了

ページの上部へ